スポンサーリンク

HGUC ナラティブガンダムC装備 素組みレビュー

ガンプラ
スポンサーリンク

こんにちわ。今回はHGUC ナラティブガンダムを組み立てちゃったんだなぁ、これがっ!!っておきまりのゾルタンさんですが。スミ入れのみの簡単お手軽素組み製作ではございますが、お時間のある方はご覧ください。

スポンサーリンク

ナラティブガンダムとは

ナラティブガンダムは、2018年末に公開された、ガンダムUCの続きを描く映画「機動戦士ガンダムNT」に登場する主役MSです。

ガンダムNTは福井晴敏氏が執筆した小説「不死鳥狩り」をベースに、ガンダムF91以来実に27年ぶりとなる劇場版映画となります。

アナハイムエレクトロニクス社がニューガンダム以前に開発したサイコフレーム試験機として、ところどころにニューガンダムらしさや、RX-0ユニコーンガンダムに通じるデザインが施された機体となります。

自分も劇場で鑑賞しました。ナラティブガンダムが、A装備と呼ばれる大型ブースター搭載の高機動型から、B装備と呼ばれるインコム搭載コロニー内戦闘向け仕様、そして、今回作成するC装備と呼ばれるサイコフレーム剥き出しトンデモパワーサイコマシンへと、装備を換装させながら戦闘を繰り広げていく姿は圧巻でした。

そんな劇場の興奮を思い起こしながら組み立てていきたいと思います。

HGUC ナラティブガンダムC装備 組み立て

パッケージにはナラティブガンダムとともに主役機となるユニコーンガンダム3号機フェネクスの姿と白いセカンドネオジオングが描かれており、箱絵だけで興奮度最高潮です。

ランナー構成は以下のようになっております。

また、このナラティブガンダムには組立説明書のほかに、「GUNDAM NT MECHANICAL REPORT」としてナラティブガンダム各装備の詳細説明のリーフレットも付属していました。素直にうれしいですね。

それでは早速ですが組み立てていこうと思います。今回は、お手軽にスミ入れオンリーの素組みで行きたいと思います。

スミ入れには、ホワイト系およびライトグレーのパーツには「ガンダムマーカーリアルタッチマーカーグレー2」、関節・武装・濃紺パーツは「ガンダムマーカースミ入れふでペン(ブラック)」を使用しました。いずれもふき取りタイプですので、ガイアノーツのフィニッシュマスターを使用してふき取りを行っています。

ってことでボディできました。はやっ。剥き出しのコアファイターが試作機ということを物語ってます。

ボディを横から。腹部は前後に以下の画像程度可動します。

バックパックです。サイコフレームのクリアーレッドパーツの上に装甲をかぶせるような形です。ユニコーンガンダムと同様ですね。

頭部完成。ニューガンダムにそっくりな顔です。別パーツでライトグレーのサイドのダクトが表現されており、わりといい色分けです。アンテナに関してはHGでは先端が鋭利でないのはデフォなんでしょうか?気になる方は削るしかないですね。アイカメラのシールはグリーンとレッドが付属しております。

腕部です。こちらもユニコーンガンダムを彷彿とさせるつくりとなっております。二の腕に装甲はありませんので、貧相に見えます。が、そこが「やせっぽち」のいいところかと。

脚部もライトグレーのパーツとホワイトのパーツでちゃんと色分けされて再現されています。こちらもユニコーンガンダムにつながるデザインが垣間見えます。

腰部です。股関節は前後に若干稼働します。股関節だけで3パーツもあり、HGなのに贅沢ですね。

最後に腰アーマーにサイコフレームや装甲を装着です。

すべてのパーツを合わせて、「HGUC ナラティブガンダム C装備」、完成です。とーってもスタイリッシュなフォルムで素敵すぎます。

バストアップ。

武装はビームライフルとシールド、ビームサーベル×2が付属しております。シールドはサイコフレームのクリアーレッドパーツが存在感ありすぎます。

ビームライフルは浮きができてしまいいまいちな残念でした。

シールドとビームライフルは背部にマウント可能です。

リアビュー。

肩に関しては下の画像のように前方向に開くことができ、可動範囲の広さに貢献しています。

こんなポーズも可能です。

ちょっとポージングしてみました。

さいごに

フェネクスのナラティブバージョンありましたのでナラティブガンダムと一緒に記念撮影です。

HGUC ナラティブガンダムをスミ入れのみで作成しましたが、再現度も可動範囲も高く、とても満足の行く出来かと思います。いやぁ、最近のHGは捨てたもんじゃないですね。今回も、自分の中ではかなりの当たりモデルの気がします。

特にスマートで洗練されたエレガントなボディがなんともいえません。

ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

プレミアム バンダイ

2019年5月にガンダムNTのブルーレイ・DVDの発売が決定していますので、劇場に行くことができなかった方はご自宅でどーぞ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました