スポンサーリンク

RGガンダムUCシリーズPart1~RGシナンジュ~

ガンプラ
スポンサーリンク

こんばんわ。seiです。

今日は、作りだめていたガンプラをご紹介します。もう発売されてから結構立つため、新鮮度は落ちてしまっていますが、RGシナンジュ、RGユニコーンガンダム、RGバンシィノルンと溜まってきて決まったため、ガンダムUCシリーズ3機体で綴っていきたいと思います。

まずトップバッターはシナンジュです。

スポンサーリンク

RG シナンジュ

これが発売になると聞いたとき、震えました。どんなことになるんだろう、どんな出来栄えなんだろうと。あまりにも「震えるぞハート」で「燃えつきるほどヒート」になりました。今、画像の撮影日時みて気づきましたが、発売日が2016年だったなんですね。もう2年も経っちまっていた。

ってことでRGシナンジュゲットしました。

そーなんです!!興味そそられるのが、このエングレービングの作り!!MGでさえこんなメッキはめ込み式ではなかったのに、もっとサイズの小さいRGでどんなもんができるんだろうっていう好奇心でいっぱいです。

ランナーは聖闘士星矢のゴールドクロスにしか見えませんw

そして、装甲はグロス成型。見てくださいこのつやつや感。塗装なんてできません。

いつものごとくフレームから組み立てていきます。

コックピットありますが、オープンギミックはありません。

足の方から装甲をつけていきます。

ちょっとわかりずらいですが、すでにエングレービング組み立てています。

ボディサイズは結構大きいです。

腰部完成。

腕を組み立て。こうやって装甲を装着していく時が至福の時間です。

それにしても、「袖付き」なんて考えた福井さん?すごいなぁと思う。

シナンジュの袖、すごいかっこいい。

袖の出来、半端ないって!!

胸部完成。もう、脱帽です。ここまで精巧にエングレービングを表現できるなんて思ってもいなかった。組み上げながら手が震えました。黒いパーツの裏から金メッキのパーツはめ込むんですが、普通であればクリアランスにゆとりを持たせ、黒パーツと金メッキパーツの間に隙間が大きくできるのですが、このRGシナンジュ、それが全然気にならない。

頭部装着です。いいプロポーションです。

プロペラントタンクと、リアバーニアを装着して完成です。

この悪役感がシナンジュの良さかと思います。

エングレービング素晴らしぃ。そして赤い装甲に黒い袖とゴールドの装飾が非常にきれいなコントラストを醸し出しています。シールではここまでの表現はできないためとても満足です。

武装装備で。

残念な点は、プロポーションはとてもいいのですがボディバランスがとても悪く、スタンドなしで直立させるのがとても難しいです。リアバーニアが重いからなんですが、ちょっと各関節の弱さも際立ちます。スタンド使用前提でポージングさせるのがベストだと思います。

さいごに

今回のRGシナンジュは墨入れオンリーの素組でこのクオリティとなります。最新ガンプラの技術力を感じることができる素晴らしいモデルとなっているのではないでしょうか?ただ、最近のすべてのRGシリーズに言えるのですが、上半身の重さに耐えられる足腰が備わっていないというのが、残念な点になると思います。

それでも!!組み立てているときのわくわく感、完成した時のフォルムの素晴らしさ、エングレービングの表現の秀逸さ等々、いいところばかり。

このシナンジュを作らない理由はありません。

是非♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました