スポンサーリンク

登山靴買い増し@trekkinn

登山
スポンサーリンク

どーもこんにちは。
6月に入り雨で山行は少しお預け気味です。
でも水不足も心配なのでまとまって降ってもらうのは大歓迎ですね。

ところで、最近このブログの訪問者のほとんどがスペインの通販サイト「trekkinn」、「トレッキン」、「トレックイン」のキーワードでご訪問いただいております。

やはり、皆さん不安や心配を抱えながら、それでも安く商品を購入しようとリサーチしているのではないでしょうか。

ということで、登山靴買い増し目的で再びtrekkinnにお世話になりましたのでまたレポートです。

スポンサーリンク

今回購入する登山靴

前回、厳冬期対応冬山登山靴は購入しましたので、目標としては3~4シーズンで使えるアイゼン対応登山靴の購入が目的です。
候補としてはスカルパ、スポルティバ、あたりのセミワンタッチアイゼン対応で検討しました。

といってもいろいろなところで見たり聞いた話だとスカルパ、スポルティバあたりは幅狭だということなので、自分の幅広な足には合わないかと心配だったので、申し訳ないですが、実店舗に行きいろいろ実際に履かせていただきました。
結果、スカルパトリオレプロが一番自分の足にフィット感がよかったです。幅狭と聞いていたのでいままで履いていませんでしたが、前回買ったASOLO 6B+よりもかなり幅広感あります。むしろガバガバ感すら感じましたが、インソールを入れるとベストフィットでした。
うしろめたさ感じながら帰宅。

で、さっそくトリオレプロをtrekkinnで価格を見てみるも、3万円ちょい。
前回の感じだと、おそらくこれに送料4~5000円、たぶんナイロン製(スエードも使ってるが)だから関税等で2~3000円、多くて7~8000円なのでトータル40000円オーバーの価格になるだろうと予想。

トリオレプロは国内で3万円台で買えてしまうので全くお得感無し。

じゃあどうしよう・・・。

するとスカルパの中にMont Blanc Lite GTXなるもの発見。

アッパーはスエードっぽい。見た目は冬用のMont Blanc Pro GTXとクリソツ。
色はグレーで落ち着いていて地味だけどとてもクール。オレ好み♪
ちなみにネットでスペック確認しようといろいろ調べてみる。
scarpa.comサイトにはラインナップなし。
scarpa.netにて発見。どうも.comは北米サイト、.netは欧州サイトのようだ・・・。

以下、Mont Blanc Lite GTXスペック
============================================================
アッパー: スエード Water-Resistant 3mm + S-TECH ファブリック
ライニング: ゴアテックス パフォーマンスコンフォートフットウェア
インソール: プロファイバー 20
ソール: ビブラム・ペンタックスプレシジョンXT
ラスト: NAG
サイズ: 36-48
重さ: 790g(#42、1/2ペア)
色: グレー または レッド
============================================================

おー、スエード。スエードの登山靴狙ってた。アッパーはほとんどモンブランプロと同じ。
なのでトリオレプロよりフルスエードに近い。
ソールはトリオレプロと同じかな。
そして、軽い。790gですか。
前回買ったアゾロ6B+を4シーズン的に使ってもいたのでおよそ片足200g近い軽量化は大きいです。
問題はラスト。木型です。

これもいろいろリサーチしていくと、スカルパはモデルによって日本人向けの専用木型使ってるって情報がありました。
なので、実店舗でためし履きしても実際に届いた商品履いてみたら全然フィット感違うってことになりかねない。(もうトリオレプロしか履いてないからギャンブルですが・・・。)
ただ、欧州向けに思ったよりも幅狭ってのだけは避けたかった。

これについてもいろいろ調べていくとモンブランプロは日本人向けの木型で入ってきているらしい・・・。きっとMont Blanc Pro とMont Blanc Liteは木型一緒では?=日本人向けの木型ではない?大丈夫か?国内でトリオレプロかうか?すごい悩んだ・・・。

でも、思い切って買っちゃえ!!トリオレプロでもいいが、ほかの人と同じものより、珍しいもののほうがおもしろいし。
ってことでMont Blanc Lite GTXに決定。
サイズ感はトリオレプロでEU44がベストだったのでそれで勝負にいくことに。

(若干不安・・・)

Trekkinnにて注文

ってことでtrekkinnにて注文。

今回は知人のバックパックも同時に購入。同時にお気に入りメーカーのBRIKOのアイウェアも安かったのでついついカートに放り込んでしまいました。

また、今回、登山靴などの重めの商品にも日本郵政が使えるようになっていました。
いままで、軽めの商品に日本郵政が使えて送料安いよって情報はあったのですが、登山靴を選択したら日本郵政なんて選択肢なかったんです。
ラッキー♪やはり送料が安いです。DHLより安いですが、商品到着までの日数が多めにかかります。5月29日に注文。商品到着予定が6月13日ころだそうだ。DHLだと1週間~10日程度だが、日本郵政は倍くらいかかる計算か?でも急いでないから日本郵政で問題なしです。
ちゃんとクーポンコード「AD005」を入力して5%の割引もゲットしてます。

6月1日くらいに「注文受けたよ」メールと荷物追跡メールが来ました。
が、この荷物追跡メールが難点。
メールのリンクから飛ぶのだがトラッキング情報の更新がおそいし、なんかもっと詳細に照会できるよ的なリンクもあるが、そのための問い合わせ番号もどうやら間違っているっぽい。
日本郵政のホームページでやたら長い数値を入力しても「13桁までだよ!!」って怒られる。
DHLの時はこんなんじゃなかったなぁ。

商品到着

で、到着予定の13日から1日過ぎた14日。
当日、出張先からひたすら商品届いたか例のメールからのトラッキング情報を眺めているも商品到着の気配なし。(Code 07:Parcel at customs in country of destinationでとまってる。)
すると、ヨメからメールで関税払っておいたからと。

到着してるやん・・・。

わくわくでおうちに帰るといつもの大きな箱。こんかいは結構ぎゅうぎゅうでしょう。

あ、追跡番号のシールが貼ってある!!ECXXXX~JPって感じの。
これで日本郵政から追跡をしてみる。

ちゃんと追跡できますぅ。Trekkinnさんこっちを送付してくださいよぉ。
それにしてもオランダから発送されてきたのねん。
ちなみに例のつかえないトラッキング情報は・・・、商品到着の翌日位に

って感じで「Shipment successfully delivered」になってます。遅っ!!

まぁ、商品はちゃんと予定日位で到着してるので満足です。

で届いた商品。

Deuter Guide 45+

Briko santorini

そして
Scarpa Mont Blanc Lite GTX

履いた感じはOKです。
裸足ではいて、当たる箇所等もなく、幅狭さも感じられません。
ソックス履いても申し分ないフィット感。
トリオレプロ試着したときと感覚的には似ています。(若干細いかなぁ・・・)

よかった。一安心。

とりあえず、初スエード登山靴なので、撥水スプレーかけてから慣らしをしていきたいです。

関税に関して

最後に今回かかった関税等。

やっぱ革製登山靴の関税だから高いな。前回のDHLと違い、通関手数料として1080円とか取られてたけどそういうのもなくよくわかりません。地方消費税とかいうのまで取られてるし。

Mont Blanc Liteは本体39,365円-値引1,968円+関税等8,522円+送料約2,700円=48,619円
とちょいと高い3シーズン登山靴となってしまいましたが、
そんなに高い山もいかないのできっと、冬山もこいつがヘビロテで頑張ってくれるでしょう。
大切に長いこと履いていきたいと思います。

ちなみにここ数日、さらに価格が下がってますね。オレが購入時より2000円近く下がってます。購入した後はサイト見ないほうが体にいいかな・・・。

海外に限りませんが、通販を使用する方は登山靴が自分の足に合わないリスクもあります。
くれぐれも自己責任でお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました