スポンサーリンク

ガンプラ五月人形再び…

MG 武者ガンダムマーク2 ガンプラ
スポンサーリンク

ご無沙汰しております。
前回から大分立ちました。ダラダラです。

私事ですが、去年の10月に次男が生まれまして・・・。
5月が初節句なんです。
五月人形・・・。ガンプラでいいだろ。ヨメ説得。

去年も長男のサブ五月人形でガンプラ作りました。

次男の名前には「赤色」がはいっています。
ちなみに長男は「青色」。

したがって次男にもマイカラーの鎧兜がないと不公平かなと。

ってことで今回は「武者ガンダムマーク2」を五月人形代わりに製作したいと思います。

スポンサーリンク

今回のコンセプト

2010年5月発売。ファーストガンダムベースの真武者ガンダムに続き、カトキハジメ氏によってリニューアルされた姿でMG化されました。

今出ているMG1/100スケールでの武者ガンダムといったら、去年作った真武者ガンダムとこの武者ガンダムマーク2だけなので、有無を言わさずこれで決定ですが、このキットのベースカラーはティターンズカラーのマーク2ベースのため濃紺です。
ここから赤塗装をどうにしようか、悩みました。
マーク2をエゥーゴの白ベースに塗りなおすべきか、または鎧と思われる部分のみ赤塗装にするか・・・。
悩んだ挙句、負担を減らすため鎧兜部分のみ赤塗装とすることに決定。でもマッチするか不安・・・。

塗装工程

今回でエアブラシを使うのはもう4,5回目のためだいぶ慣れてきたと思いますが、
それでもしろーとですのであまり無理はせず行きたいと思います。

今回塗装するパーツは以下のパーツです。

Aランナーの一部とBランナーはシルバーからのクリアーレッドでピッカピカのキャンディレッドを目指します。
Cの刀のさやの一部等はゴールド塗装とします。

ただ、しろーとのため、磨いてつや出したり凝ったことはせずお手軽に自分が納得できる範囲で製作します。もちろん前回同様、洗浄やゲート処理などなど、自分がめんどくさいと思う作業はスキップで。

【使用した道具】

ガイアノーツ GS-03 サーフェイサーエヴォ ブラックシルバーの下地
ガイアカラー 121 スターブライトシルバークリアーレッドの下地
ガイアカラー 041 クリアーレッド鎧兜のメインカラー
ガイアカラー 007 クリアートップコート
ガイアノーツ T-09m メタリックマスター 500ml塗料の溶剤、3倍希釈
GSIクレオス Mr.リニアコンプレッサーL5/エアブラシセットエアブラシ一式

まず、ブラックサーフェイサー後です。ベースの色が黒に近いので塗装し忘れがわかりずらいですがなかなかいいんでないでしょうか。

次にスターブライトシルバーを塗装です。使ったのは瓶1本です。ちょっと足らないかと思いましたが2度塗りでぴったり終わった感じです。でも2度目は1度目よりさっと吹いてます。1度目をさっと吹いたほうがいいのかな・・・。わかりません。やはりノリがよくて助かります。

そしてメインのクリアーレッドを吹きました。やはり瓶1本しか仕入れていなかったため足らないかと不安でしたがなんとか2度塗りぴったりでフィニッシュです。
難しいです。前回サザビーのときは内部フレームのキャンディ塗装でしたのであまり粗は目立ちませんでしたが、今回はメチャクチャ目立ちます。吹く量を各パーツ均一にしないとムラがはっきりと出てしまいました。修行あるのみですね。
でもそれなりにきれいにできたので満足しています。

並べてみると特にパーツごとの色ムラがはっきりしますね・・・。色がのっているのかよくわからずついつい長く吹きすぎたのが悪かったのかなぁ。やはり吹く回数増やして少しづつ塗装していくのがいいのでしょうが、めんどくさがりのため2回で済ませてやろうと。。。

最後に塗装したすべてのパーツにクリアー吹いておきました。

スポンサーリンク

組み立て

乾燥後、組みあげます。

ちゃきーん。おおっ。いい感じ。

なんか、濃紺に赤なんて合わないかなぁと思っていましたが、鎧兜とボディとのコントラストがはっきりして、「鎧兜を着用しているガンダム」って印象がずいぶん強くなって逆にいいっ!!

脚の可動も申し分ないかと。あまりポーズをとることはしませんが・・・。

足首も凝っていてシリンダーはシルバーパーツです。ほとんど見えないけど。(色ムラすげーな)

下半身完成!!

上半身と合体させて、完成でーーーーす。かっこいい!!(自画自賛)
名付けて「MG 武者ガンダムマーク2 紅蓮の鎧バージョン」♪

ゴールドメッキパーツとの相性もいいし上出来です。(色ムラありますが気にしない!!)

五月人形に近づけるための「ひと工夫」・・・再び

が、これで終わりでは物足らない。前回も最後の味付けが五月人形として一番効いたと思うので、今回ももう一工夫加えようと画策していました。

今年、2016年のNHK大河ドラマは「真田丸」。
日本一の兵と言われた伝説の武将、真田信繁(幸村)を主人公とした大河ドラマを放送中ですね。
その真田信繁が着用していた鎧兜は赤備えに鹿の角で表現されることがよくあるのは有名だと思います。
ちなみに自分の住んでるぐんまも真田家にゆかりある地ですので結構見ています。

今回作った次男のための鎧兜も赤。一緒やん。
今ついてるのは牛のような大水牛脇立。これやめて鹿の角つければ・・・。一緒やん。
真田風になるやん。→これでいこう!!

ってことで、鹿の角を求めネットを物色。

本命は前回お世話になった、戦国魂さんの変わり兜フィギュアストラップ。
早速オンラインショップのサイトに。
真田幸村あるーーー!!なにっ!!生産終了!!なーーーーい!!ちーーーん(終了)。

でいろいろ検索した結果、サイズや価格的によさそうなものは見当たらず以下に落ち着きました。

1/4ってでかくね?っていうのはその時はあまり気にしていませんでしたが、こんなキンピカメッキの角が手に入るなら安いもんだとポチりました。

で、届いたキットを開封して一言。
でけーよ!!つーかでかすぎだよ!!(いや、買うとき気づけよ。)
そうもいっていられないので何とか鹿の角つけんと。

とりあえず、一番下の枝分かれしてる角は不要と判断し、その上のところで切断。
向きが一番かっこよくなるように斜めに切断しました。
兜と合わせてまぁ許せるサイズにはなったので接着です。

そのまま接着しても簡単にポロリと行きそうなので、バイスで穴をあけ、真鍮線をいれて既存の穴に差し込んで強度を出すようにしました。真鍮線の受けとして兜の内部をパテで満たしそこに差し込み、瞬間接着剤で固定です。

あっ、すきまからパテちょっと出てきちゃった・・・。
まぁいいや。横から見なきゃいいんだ。
「細かいことを気にする必要はない。それがしろーとの特権だ。」

そして完成したのがこれです。どーーーんっ!!
いいじゃんっ!!真田幸村ぽい!!
やっぱり鹿ちゃんの角がでかくってちょっともののけ姫のシシ神様ぽいけど・・・。全然許せる。

SDに真田幸村ガンダムっていたけど・・・。
これは名付けて「MG 武者ガンダムマーク2 真田幸村バージョン」ってことで。(そのまま?)

背面から。

バストアップで。

ちょっとポージング。

道を開けよ!!真田幸村とは拙者のことだぁ!!

武者ガンダムマーク2&真武者ガンダム。圧巻です。

さいごに

今回、自分の子供の名前に赤があったり、タイムリーに真田丸なんて大河ドラマやってたり、鹿の角売ってたり、いろいろと偶然が重なりましたが、そのおかげで素晴らしい五月人形武者ガンダムできたんじゃないかと自分の中では満足しとります。

細かいこといえば塗装してない部分はスミ入れもトップコートもしなかったのでもうちょっと何とかできたかもとか、わざわざ真田幸村兜キットを購入しないでも鹿の角の部分だけパーツ注文調達で済ませれば安上がりだったのにとかいろいろありますがまぁいいでしょ。らしいってことで。

子供が「かっこいいっ!!」てよろこんでくれる顔を見られるのが最高にうれしいです。孫の代や、そのさらに先の代まで引き継いでいってほしいですね。

まだ間に合いますよ。

武者ガンダム五月人形、みなさんも是非♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました