スポンサーリンク

reCAPTCHAを使用したスパムメール対策

WordPress
スポンサーリンク

reCAPTCHAってご存知ですか?

Googleが提供しているボット対策サービスです。よく、「私はロボットではありません。」とか、「画像の中に見える文字を入力してください。」といったあるアクション前の認証方法を見たことがあると思いますが、そのテクノロジーです。
このサービスをお問い合わせフォームやコメント欄などに設定することで、ボットによって行われていたスパムメールを防ぐことができるという優れものです。

今回はこのreCAPTCHAを当サイトに適用しましたのでその過程をお伝えしたいと思います。

スパムメールが来るほどアクセス数なんてないでしょーに。

ええ。まだ、自分のサイトのアクセス数なんてたかが知れてるんですが、そんなサイトでさえ、様々な国々から英語で(だいぶスペルミスなど多い感じで)送られてきます。ご丁寧に必ず「ここにアクセスしてね!!」って感じのリンクをつけて・・・w

それでは早速ですが、設定していきます。

スポンサーリンク

reCAPTCHAサイトにアクセス

下記reCAPTCHAサイトにアクセスします。要Googleアカウントです。

reCAPTCHA
reCAPTCHA is a free security service that protects your websites from spam and abuse.
赤丸で囲んだところにアクセスします。
上記画面が表示されますので、適宜入力を行い、「Register」ボタンを押下します。
SiteKeyとSecretKeyが発行されます。ひとまずこのままにしておきます。

取得情報をWordPress側に設定

reCAPTCHAサイトでSiteKeyとSecretKeyの取得ができたら、次にreCAPTCHAを設定したいWordPressの自分のサイトのダッシュボードにアクセスします。

[お問い合わせ]ー[インテグレーション]を選択し、reCAPTCHAの項目の「インテグレーションのセットアップ」を押下します。
インテグレーションの設定画面になります。ここでreCAPTCHAサイトで取得したSiteKeyとSecretKeyをコピー&ペーストし「変更を保存」ボタンを押下します。

手順としては以上です。

サイトへのreCAPTCHA適用確認

それでは早速reCAPTCHAが設定されたか対象サイトを確認してみましょう。

右下にreCAPTCHAのロゴが表示されているのを確認できるでしょうか?

こんなに簡単にスパム対策ができるなんて最高ですね。

ちなみに現在の最新版はv3です。v2ですと、ユーザーは「私はロボットではありません」チェックボックスにチェックをつけてからアクションする必要がありましたが、v3では何もせずにボットと人間を区別してくれます。とてもユーザーフレンドリーで素晴らしい仕組みです。

また、上記手順ですと、すべてのページにreCAPTCHAが設定されています。お問い合わせフォームやコメント入力時のみにreCAPTCHAを有効化したい場合は次の手順を試してみてください。

特定のページでのみreCAPTCHAを有効にする

プラグインページから「Invisible reCaptcha for WordPress」を検索してインストール、有効化してください。

[設定]ー[Invisible reCaptcha]を選択し、「Settings」項目にあるSiteKey、SecretKeyに取得した値を設定します。「変更を保存」ボタンを押下します。
次に「WordPress」項目を選択し、「Enable Comments Form Protection」にチェックを付け、「変更を保存」ボタンを押下します。これでコメント投稿欄をreCAPTCHAで保護することが可能です。
さらに、当サイトはContact Form 7を使用してお問い合わせフォームを構築しているため、「Contact Forms」項目で「Enable Protection for Contact Form 7」にチェックをつけ「変更を保存」ボタンを押下します。これで、お問い合わせフォームもreCAPTCHAで保護できます。

よっし。これで、コメント投稿時とお問い合わせフォームのみreCAPTCHAが有効に・・・って、あれ?まだすべてのページにreCAPTCHAロゴが表示されてるんですけど・・・

sei
sei

最初の手順にあった、reCAPTCHAとのインテグレーションを解除すればOKだよ。

特定ページのみreCAPTCHAを有効にする場合は、必ず[お問い合わせ]ー[インテグレーション]を選択し、reCAPTCHAの「キーを削除」ボタンを押下しましょう。

以上、reCAPTCHAの設定でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました